【エンタメ】映画・動画・ドラマまとめサイト

映画・DVD鑑賞が大好きです。DVD発売レンタル日、映画の最新情報、動画視聴方法などをまとめて紹介してます。

『君の名は。』ハリウッド実写映画化が決定、新『SW』監督J.J.エイブラムスがプロデュース

f:id:best-movies-to-watch:20170928124849j:plain

ハリウッド実写化!『君の名は。』がここまでバズった理由を改めて考えてみた。

新海誠監督によるオリジナル長編アニメ「君の名は。」をハリウッドで実写映画化する企画が進行中であることが明らかになった。配給の東宝によれば、米パラマウント・ピクチャーズ、J・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットが実写映画化権を獲得し、現在は東宝パラマウント・ピクチャーズ、バッド・ロボットの3社が、共同開発を行っている段階だという。

ハリウッド実写版のスタッフは、バッド・ロボットのエイブラムスとリンジー・ウェバーがプロデュースを担当し、「メッセージ」で第89回アカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラーが脚本を執筆する。オリジナルのアニメ版でプロデューサーを務めた川村元気氏も、引き続きプロデューサーとして参加している。

matome.naver.jp

2016年8月に公開された「君の名は。」は、心と体が入れ替わる不思議な夢を通してお互いの存在を知った高校生の男女が、運命に翻ろうされる姿を描いた。国内興行ランキングでは公開から29週連続でトップ10入りを果たし、興行収入250億円を超える歴史的な大ヒットを記録した。

 

新海監督は、ハリウッドでの実写映画化に対し「『君の名は。』は、日本に暮らす僕たちのローカルな想像力、ドメスティックな技術で組み立てた映画です。そういう作品がハリウッドと交わることで、もしかしたら新しい可能性のようなものを見せてもらえるのかもしれない──そんな期待をしながら、完成を楽しみに待っています」と話している。

一方、川村氏は「これ以上ない、夢のようなチームになりました。J・J・エイブラムスさんが『君の名は。』をハリウッドで実写化したがっていると聞いたときは信じられない気持ちでした。バッド・ロボットで彼と会って話すまで『これは夢だ、きっと夢に違いない』、そう思っていたのですが、どうやらこれは現実のようです」と明かす。そのうえで、「数々の名作を現代的なセンスで生まれ変わらせてきたJ・J・エイブラムスさん。『君の名は。』をハリウッドで実写映画として生まれ変わらせるのにあたりJ・J・エイブラムスさんと彼のチーム以上のクリエーターはいないと思います」と自信をのぞかせる。

headlines.yahoo.co.jp

さらに、脚本についても「SFとラブストーリーが融合してクライマックスへと突き進む『君の名は。』を、エリックさんならば最高なかたちで表現してくれると確信しています」と語り、「JJさん、エリックさんと共に『君の名は。』のハリウッド版実写映画をプロデュースできることを心より誇りに思います」と意気込みを述べた。

また東宝の島谷能成社長は、「日本が誇る『君の名は。』をハリウッド最高のクリエーターの方々と一緒に実写化する機会を楽しみにしています」とコメントを寄せている。

昨夏に爆発的なヒットを飛ばし、Blu-ray&DVDの売り上げも絶好調な『君の名は。』。

一部のファンの間では「次はもしかして実写化?」説が密かに話題になっていたが、

ここにきてまさかの「ハリウッド実写化の話が進行中!」というニュースが。

今、改めて『君の名は。』という映画がここまでバズった理由を考察してみたい。

headlines.yahoo.co.jp

なぜ、『君の名は。』はこんなにヒットしたのか? 

興行収入は200億円を超え、今や日本映画としてはあの『千と千尋の神隠し』に次ぐ歴代2位に。公開後の半年弱で瞬く間に国民的映画に躍り出るという、近年稀に見るシンデレラストーリーは、多くの日本人を驚かせたに違いない。と同時に、公開前にこの映画がこんなにも大きな存在になることを、どれだけの人が正確に予測できたであろうか。

f:id:best-movies-to-watch:20170928125116j:plain

そんな新・国民的映画となった『君の名は。』がもたらした感動は、意外なかたちで観客を「動かして」いくことになる。それが映画の舞台となった場所を訪ねるブームである。'16年の新語・流行語大賞にノミネートまでされたこの言葉だが、実は別段新しい言葉ではない。アニメファン界隈では約10年前から舞台設定となった場所を巡り疑似体験する現象は常態化しており、『らき☆すた』の埼玉・鷺宮神社を筆頭に、『けいおん!』の滋賀・豊郷小学校や『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』の埼玉・秩父地方など、多くの地域がそれにより賑わい、街おこしの一助にすらなっていた(もっと言えば、昭和の時代から、そういった特定のファンによる「聖地巡礼」は形こそ違えど存在していたのだが)。

www.oricon.co.jp