【エンタメ】映画・動画・ドラマまとめサイト

映画・DVD鑑賞が大好きです。DVD発売レンタル日、映画の最新情報、動画視聴方法などをまとめて紹介してます。

宮崎駿がNスペに!CG短編映画『毛虫のボロ』最新情報(制作背景、公開日、あらすじ)をお届け

f:id:best-movies-to-watch:20170317112107p:plain

毛虫のボロは、実は20年前に企画されていながらあまりの難しさに実現をあきらめた[幻の作品]。そんな時に宮崎さんは、新進気鋭の若手CGアニメーターたちに出会います。そこで宮崎さんは嬉しそうな表情を見せ、50年間ずっと紙と鉛筆でアニメーションを作ってきた人が、初めて最新のCGに挑戦するのです。

「毛虫のボロ」は、誰も目にとめないような雑草に暮らす毛虫のボロが主人公なのですが、人間には思いもよらないようなすてきな世界が広がっているというストーリーでもあるそうです。

宮崎駿新作「毛虫のボロ」:公開・内容・背景・無料視聴を全部まとめ!

 

毛虫のボロのあらすじ

 

毛虫のボロの内容は現在のところ、ジブリ美術館に展示されている手書きの企画書からしか推し量ることができません。
(※NHKスペシャル内で宮崎監督の絵コンテや毛虫のボロがタマゴから生まれる場面などを少しだけ見ることができます。見逃した方はNHK BS1で1月29日に放送されるロングバージョンの放送をチェックしてください)

ジブリ美術館の展示には、「うーんと小さな生き物から見た世界はどんなでしょう。主人公のボロは1ミリしかないのです!」と書かれています。

他にも、「朝のつぶもみえる!!」「空気のゼリーおいしいのだ」「葉っぱの細胞が見える!!」といった言葉があります。体調1ミリの毛虫の主人公ボロの視点で、葉っぱの葉脈までも大きく映る極小の世界が描かれることが予想されます。

ジブリ作品の中で小さな主人公の視点から描かれるものとしては、これまでに『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)やジブリ美術館の短編映画『水グモもんもん』(2006年)などがあります。

若き日の宮崎駿が影響を受けた『バッタ君町に行く(原題:Mister Bug Goes to Town)』(1941年)も、小さな虫たちが画面いっぱいに動き回るような作品です。

ジブリ美術館の展示には、「怪獣えいがになっちゃいそう」とも書かれています。おそらく毛虫のボロ以外にもキャラクターが登場し、躍動的なアニメーションが見られるのではないでしょうか。

『毛虫のボロ』がどのような作品になるのか楽しみです。

hikiyosesmith.hatenablog.com

 

毛虫のボロの制作背景

宮崎駿が毛虫を主人公にした新しい短編アニメを制作中というニュースを知ったとき、私は、『もののけ姫』のときにもそのような作品を作るという話があったことを思い出しました。

紅の豚』以降、長編アニメの監督から遠ざかっていた宮崎駿の新作は、どうやら毛虫を主人公にした作品になるらしいという話(たしかテレビか雑誌のインタビューでした)を聞き、「ああそうなんだ」と思っていたところ発表されたのが『もののけ姫』だったので、「あれ、あの毛虫の話はどこいっちゃったんだろう」と思ったことを覚えています。

調べてみると、やはり『毛虫のボロ』は『もののけ姫』と同時期に劇場公開用長編アニメ映画として企画されていたそうです。しかし、ジブリのプロデューサー鈴木敏夫が、「人間が出てこない物語を長編として成立させるのは難しい」と判断し、“アクション映画”である『もののけ姫』の方をやることになりました(参考:鈴木敏夫プロデューサーに聞く“現在進行形”の宮崎駿監督とスタジオジブリ

20年以上前から構想があった『毛虫のボロ』。宮崎駿としては前々からやりたかった作品にようやく挑戦できるということで並々ならぬ熱意をもって(いつものことですが)作品づくりに取り組んでいることでしょう。

ちなみ、『もののけ姫』の頃から宮崎駿は「これが最後の作品になる」と言っていたことを覚えています。結局その後15年以上引退は先延ばしになったわけですが、度々口にする引退発言から、1作ごとに全てを出し切ろうと全力を尽くす姿勢をうかがい知ることができます。短編とはいえ、こうして彼のアニメをまた見られるというのはありがたいことです。

shufu-blog.com

 

毛虫のボロの公開日

この間、宮崎駿は「制作期間も、初めは1年半ー2年と予想されていたのですが、諸問題が発生し、いままだ完成時期は未定です(笑)。まさに「終わらない人」ですね。」といった。2015年から制作するけど、今までまだ完成しないので、2016年中に上映しない可能性が高いと思う。正確な毛虫のボロ 公開日はまだわからないが、2017年もしくは2018年になると聞いた。

どこに毛虫のボロ 公開されるかと言えば、完成後は、東京都三鷹市の森ジブリ美術館の映像展示室「土星座」に公開される予定がかなり信じている。